矯正治療中のリスクについて

矯正治療を始める前に、矯正治療中の注意点についても確認しておきましょう。
そうすれば、矯正治療中にトラブルがおこっても冷静に対処できます。
矯正治療中に不安がある場合は、できる限り早く医師に相談しましょう。

 

矯正治療中は、矯正装置の周りなどを歯磨きしにくいので虫歯や歯周病になりやすいです。
その為、毎日より丁寧な歯磨きをおこなう必要があります。
これらの対策には、歯科医院で歯のクリーニングやフッ素塗布などのケアを受けておくと良いでしょう。

 

装置の力が強すぎると、歯の根が短くなる歯根吸収がおこる可能性もあります。
その為、矯正装置をつけてからしばらく経過しても痛みが引かない場合は医師に相談しましょう。
また、舌で歯を押す癖や歯並びに悪影響をあたえる癖がある場合などには、
治療計画で提示された期間よりも治療期間が長くなる場合があります。
例えば、歯ぎしりや歯のくいしばりが激しい方などです。
また、、取り外しできるタイプの矯正装置の装着時間を守らずに定期的な来院をされない場合なども、
治療が計画通りに進まない為に治療が長引く事が多いです。
お子様の矯正治療の場合には、あごの骨の成長の仕方などが初期の判断と異なった場合などに治療が長くなる場合もあります。

 

矯正装置にはさまざまな金属素材が使用されていますので、
装着後に皮膚や口の中にアレルギー症状がでる方もおられます。
また矯正治療で歯を動かす事により歯肉が下がる場合もあり、
冷たいものを飲んだ際にしみる知覚過敏症状があらわれる方もおられます。
さらに、矯正装置の装着直後やワイヤー交換直後に痛みを感じる場合も多いです。

 

西新宿で先端の歯科治療が可能なS&Aデンタルクリニック