最近では大人の方の矯正治療も増加中

最近では、矯正治療も身近なものになり大人の方の矯正も増加しています。
その為、歯列矯正を受ける年代が広がってきています。
最近矯正治療を受ける事が多いのは、20代から50代の女性や20代から30代の男性です。
大人の方の矯正が増加した理由のひとつが、
成人向けの矯正装置に目立たない審美的なブラケットや丈夫なブラケット、
従来よりも治療期間が短縮可能なセルフライゲーティングブラケットなどが増加したからです。
大人の方の矯正では、歯とあごの大きさの不調和が激しい方は抜歯が必要となる事もあります。
また、虫歯や歯周病になっている方は先にそれらの治療をおこなう必要があり、
治療が終了してから矯正治療を開始していきます。

 

また、最近では高齢の方が矯正をおこなう件数も増加しています。
歯ぐきが健康であれば矯正治療に年齢制限はありませんので、積極的に取り組んでいきましょう。
しかも、矯正をおこなう事で入れ歯が不必要になったり、
インプラントの本数が減り経済効果を感じられる方もおられます。
矯正治療をおこなう事で歯科治療の選択肢が広がって喜ばれる方も多いので、
矯正治療も積極的に検討していきましょう。

 

矯正歯科治療が完了した後でも、歯並びや噛み合わせは常に変化していきます。
それは、親しらずが生えてきたり、むし歯や歯周病がおこったり、
加齢によって骨や歯が変化したりするからです。
また、妊娠やその他の身体の変化に歯並びが影響される場合もあります。
もし、矯正治療後に歯並びや噛み合わせが悪くなった場合は、
矯正をおこなった歯科医院でもう1度診察してもらいましょう。
矯正が終了してからも、1年に2回程度は定期健診にいくようにしましょう。

 

大島で安心して歯科治療を受けるなら!